(本レビュー)「寝ながら稼ぐ」ジェームス・スキナー 

ビジネス業界では有名なジェームス・スキナーの最新著書「寝ながら稼ぐ」

名前にインパクトがあって気になります。

働かなくても収入があるなんて、だれもが夢見る世界ですよね。

そんな世界にいるジェームス・スキナーが書いた寝ながら稼ぐためのノウハウ本について紹介したいと思います。


出典:アマゾン

・ジェームススキナーとは?

アメリカ生まれ。

流ちょうな日本語で塾やセミナーを開催。

経営指導やコンサルタントを通して「本当の幸せな人生」を伝えている。

過去には元大統領、スティーブン・R・コヴィーなどとの対談や

ピーター・ドラッガー、ロバート・キヨサキなどの来日プロデュースやナビゲーター役などを

つとめた経験を持つとてもすごい人です。

・本のレビュー

著書、訳書も多く出版していますが、今回は2017年に出版された

「寝ながら稼ぐ」のレビューをまとめました。

タイトルの通り働かずして収入を得るための手法について書かれた本です。

本中にある「水を汲むより、川を掘る」という言葉がとても印象的でした。

収入を得ることに集中するのではなく、収入源をつくることに集中するという

考えは納得です。そして、収入源をつくる方法についても100通り以上を紹介しています。

大小はありますが、そういう考え方ができるようになることが大切なのだと感じました。

本中に書かれている内容で印象的だった言葉を紹介します。

・いかに一回の仕事で何回も支払いを受けるようにするか、

 時間効率を高めることができるかを考える

・自分の労力は、収入を得るためではなく収入源を作ることに利用する

・水を汲むより、川を掘る

・3K(きつい、汚い、危険)な仕事を喜んで受ける。そうすればいずれ自分にチャンスがくる

・集中投資で億万長者になり、分散投資で資産を守る

・市場浸透率が10%で株を買い、80%で売る

・成功にはパターンがある。そのパターンを探す

・自分のためだけに持つものは負債となり、他人のために持つものは資産となる

・金額ではなく、パーセンテージで考える

・小さな市場に深くアクセスしていれば、企業が喜んでその媒体を買ってくれる

・キーワードはとにかく面白い。とにかく人の役に立つこと

・人の成功を応援してこそ、自分の成功がある

・欠乏マインドではなく豊かさマインドを持てば、人に与えても減らない

・すべて自分のためにとっておこう。自分たちで広げよう(欠乏マインド)、

 他の人にもこの素晴らしく機会を分かち合おう。彼らに働いてもらおう。(豊かさマインド)

・最も良いものを無料にすれば、他のもので稼げる

・もっともっと迷惑されたい。やめさせるよりやらせる

寝ながら稼ぐ121の方法 [ ジェームス・スキナー ]

created by Rinker
¥1,836 (2019/04/23 20:53:57時点 楽天市場調べ-詳細)

・その他

当書以外にも有名な本やテレビ出演シーンもyoutubeにアップされているので

紹介します。

成功の9ステップ(著書)


出典:アマゾン

7つの習慣―成功には原則があった!(訳書)


出典:アマゾン

テレビ出演(youtube)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク